400年の歴史と共に
  肥前吉田焼
肥前吉田焼窯元協同組合 
〒843-0303 佐賀県嬉野市嬉野町大字吉田丁4525-1

TEL 0954-43-9411 FAX 0954-43-8538
E-mail:yoshidayaki@po.ktknet.ne.jp
   
    ホーム>吉田焼とは 

肥前吉田焼の歴史
 吉田には四百数十年の歴史が潜む

吉田焼の創業年暦は定かではありませんが、嬉野の陶磁器の歴史を紐解くと、天正5年(1577年)に龍造寺隆信公が大村の有馬氏攻略の際、吉田村を流れる羽口川の上流、鳴谷川の川底に、白く光る石を発見したそうです。これが我が国最初の陶鉱石と言われています。
寛永年間(1624~44年)藩主鍋島直澄が隠居後、その遺業として吉田山の陶磁器業者を督励しました。享和年間(1801~4年)に入ると、副島弥右衛門が制限外の窯数を増し、事業を拡張して吉田焼の繁栄を促しました。
しかし、明治維新後は次第に衰微し始めたために、明治13年(1880年)に精成社を創立し、改良を図りました。その後、市場を中国や朝鮮に向け輸出用として日用食器の製造に励みましたが、時代の流れと共に国内向けになり、現在に至っています。
現在も、歴史と伝統を誇りに、肥前吉田焼の窯元は日々技術の向上に励んでいます。
モニュメント
年 号
西 暦
吉田の動き

天正5年


慶長3年



寛永20年

正保4年

承応3年


寛文年間




寛文2年


元禄14年

正徳2年


正徳4年

正徳5年

元文3年

宝暦2年

宝暦11年


安永7年

天明3年

文政12年

天保15年




明治9年

明治13年

明治14年



明治43年

大正13年頃


昭和2年



1577


1598



1643

1647

1654


1661~73




1662


1701

1712


1714

1715

1738

1752

1761


1778

1783

1829

1844




1879

1880

1881



1910

1924頃


1924



吉田左衛門家宗 陶石を発見


鍋島直茂、朝鮮より陶工を連れ帰りその中の一人に吉田で



陶器を作らせる

副島雲谷、吉田皿山に窯を開く

吉田皿山、大外山に入る

鍋島直澄、塩田の五町田と久間に窯業を始めた後、吉田にも窯を開く

鍋島直澄、有田南川原より副島、牟田、金ケ江、家永の四人を指導者として吉田へ招き小窯を廃止して二登りの大窯を作る。また、製造と販売に便宜を与えた


鍋島直澄、医福寺を建て宿所として窯業を勤める


皿屋に「八天狗」を祀る 建立者 窯焼中

同              建立者 吉田新左衛門
大渡金兵衛外6名

副島茂右衛門 九十六歳で没

この頃から天草石が使われ始める

蓮池藩私領吉田山へ一ヵ年に土五百俵づつ渡す

吉田中通りの白岩山に窯を築く

吉田山へ五百俵の土を送る


吉田窯の弥兵衛、嘉兵衛、銀一両賜る

皿屋に「天狗谷」を祀る

窯焼が苦しいので借金を願い出る

鍋島直興、尾形惟晴を吉田へ遣わし窯を改築再興する
この頃鍋島茂右衛門(六代)藩主より運月の号を授かる



吉田から内国博覧会に陶器出品

副島利三郎、精盛社を設立

吉田村白岩山、皿山の窯業報告書



錦絵付けに成功する

石炭窯を築く


皿屋、大旋風被害甚大
戦時中企業合併により吉田製陶株式会社設立