400年の歴史と共に
  肥前吉田焼
肥前吉田焼窯元協同組合 
〒843-0303 佐賀県嬉野市嬉野町大字吉田丁4525-1

TEL 0954-43-9411 FAX 0954-43-8538
E-mail:yoshidayaki@po.ktknet.ne.jp
   
    ホームお知らせ>陶器オリンピック受賞作品

陶器オリンピック受賞作品(第24回 吉田おやまさん陶器まつり)

楽焼 子供の部
金賞
佐賀県嬉野市  白仁田 栞さん
とても根気強く丁寧に描かれていて描き手の意欲が伝わってくる作品。丁寧な筆遣いとシンプルだが多彩なキャラクター構成、食べ終わると見えることになる感謝の言葉が見える配置など自分の思い描く食事のシーンで使いたい器に仕上げられている事が伝わる、評価の高い作品であった。

銀賞
福岡県北九州市  小市 陽葵さん
一言でいうと、子供にしか描けない、本人自体の意図、意識と何かが融合して描き出されたとも言うべき作品。このような作品と出会う事の出来る喜びは審査する者にとって冥利に尽きると感じる作品であった。

銅賞
長崎県大村市  中路 日菜野さん
これも子供ならではの作品だが、上の作品との違いは、人物を描く事に誠実であるという事。自分で人間の表現と未熟な手の動きの出来る範囲で精一杯表現出来ている点が評価高く、微笑ましくもしっかり伝わる作品であった。



楽焼 大人の部
金賞
福岡県北九州市  中生 彩佳さん
全体としてバランスのとれたデザインの中皿の作品。 一筆書きのような線の螺旋を花として描いているようにも見える。ランダムな配置は書いてみるとまとめるのに苦労するがこの点でとても上手くまとめられていて評価が高かった。

銀賞
福岡県久留米市  渡橋 都子さん
この作品は鳥が円を描く構図が印象的な作品。同じパターンで連なった環を描く場合には集中して描いていく事が必要な事、手描きによる変化が結果的に良いメリハリの効果を生んでいた。皿は小皿だが存在感があった。

銅賞
佐賀県嬉野市  松林 たみ子さん
上の2作とは少し趣向の違う作品。描き手のコミカルなタッチと構図が光るが、少し風刺の効いた画面がそのかわいらしい絵とモチーフで表されている。中皿で画面的にもインパクトのある1枚だった。



手びねり 子供の部
金賞
佐賀県佐賀市  塚田 ことねさん
この作品は器にする際に備品の石膏型を使用した点で評価が分かれたが、それを差し引いてもカップの独創的なヒダ、型にあてた面のヒダなどの表情豊かな表現と器としての表現が出来ていた点で評価が高かった。

銀賞
大阪府大阪市  中路 未悠さん
なんといっても白=雪で雪だるまという発想の自然で素直な事と、しっかりと雪だるまになっている点が評価された。他の作品も作者のキャラクターの造形力がいかんなく発揮された作品群であった。

銅賞
大阪府大阪市  中路 由菜さん
作者独特の多彩な表現がちりばめられた作品。この感性が素直に育ってくれればと願う。どれも完成までの試行錯誤や実験にあふれており、白のきれいではあるが味気ない表情をアグレッシブに飾っている作品であった。



手びねり 大人の部
金賞
福岡県柳川市  三好 有子さん
かなりの時間を掛けて作られた事が一目で分かる作品。細部まで行き届いた仕上げがなされており、評価が高かった。オブジェとして作られ、多作な点も他の作品と違う作品であった。

銀賞
佐賀県佐賀市  澤田 拓也さん
これもとても丁寧な作り込みをされた作品で手取りも良く、白が美しく映える作品に仕上がっている。細部の仕上げはもちろん、器としても評価の高い作品だった。

銅賞
福岡県柳川市  三好 潤さん
見えづらいが、真ん中の鈴に彫りが施してあり、評価が高かった。周りの作品も彫りが施されたり、鳥はゆらゆら揺れるようになっていたりして遊び心あふれる作品であった。